食べ物の中には、妊娠中の身体や胎児に良い栄養を与える物もありますが、逆に胎児の成長を妨げる物などもあります。

一般的に食べてはいけないと言われているのは、生物ですね。
有害な菌が含まれていたり、食中毒の危険があります。
生肉...はあまり食べないかもしれませんが、レバーとかね。
でも焼肉も注意ですよ。
生焼けの場合がありますし、菌やバクテリアが存在していることがあります。
この時期は外でバーベキューをする方も多いでしょうから、お肉を食べる時はしっかり火を通しましょう。

生魚も気をつけた方がいいようです。
たまにお寿司も食べたくなりますが、特にマグロには水銀が多く入っているので、やめておいた方が良いです。
とは言っても、中には水銀がほとんど入っていない魚(キハダ、タイ、カツオなど)もあるので、お寿司を食べる前にチェックしておいた方が良さそうですね。
そして生卵もあまりオススメできません。
卵かけごはんが好きな方も、妊娠中は控えましょうね。
逆に食べた方が良い物は、やっぱり葉酸を含む物でしょうね。
緑黄色野菜の中でも緑の野菜(ほうれん草とかね!)は良いですよ。

他には、栄養まんてんのバナナ、アーモンド、黒豆、卵などなど!
卵は火を通せばむしろ食べた方が良いって事なんですね。
赤ちゃんを健康にしてくれる栄養素もたっぷり含まれているみたいなので、ぜひ毎日のメニューに取り入れてみて下さい。
出産後期にはヨーグルトも食べた方が良いみたいです。
カルシウムの補給!
赤ちゃんの骨の成長を助けるためにも、毎日食べたいですね。

いずれにしても、妊娠中はいつもの何倍も体に気を使いますよね。
しかしつわりがあって食べたい物がなかなか食べられないという事もあるかもしれません。
自分が食べられる物を探すのも大変ですが、赤ちゃんはママの食べた物から栄養を摂ります。
偏りがなくバランスの良い食事を心がけたいところですが、知らずに悪い物を食べないように、気をつけよう☆妊婦食事のメニューと栄養の取り方をしっかり確認しておきましょう☆

身体を温める食べ物と冷やす食べ物

  • 投稿日:
  • by
妊娠中に冷えは禁物です!
冷えが原因で流産を招くこともあるんです。
お腹の赤ちゃんのために、特にお腹は冷やさないように気をつけなきゃいけません。

腹巻をしたり、足浴をしたりと身体を温める方法はたくさんありますが、食べ物で冷えを予防する方法もありますよ。
身体を温める食べ物と言えば生姜くらいしか思いつきませんが、実は寒い地方で採れた物や冬が旬の食べ物が良いそうです。
逆に、暖かい時に採れる物は身体を冷やすと言うことなんですよね。
よくトマトやきゅうりなどの夏野菜は身体を冷やすと言いますが、逆もあるってことなんですねぇ。

寒い地方で採れる物と言えば...鮭。
意外にも鮭を食べると身体が温まるみたいです。
鮭のちゃんちゃん焼きは美味しいですよ〜!
意外と言えば鶏や豚のレバーも温め食材なんです。
妊娠中は鉄分が不足しやすくなるので、レバーは妊婦さんにもってこいの食材だったんですね。
後はかぼちゃ、山芋、アスパラガスなどの野菜も良いみたいです。
ほっこりかぼちゃのスープなんて体が芯から温まりそうで良いですよねぇ〜。

そして身体を冷やす食べ物。
先ほどお伝えした夏野菜の他にも、小麦、豆腐、アサリ、カニなどがあるようです。
果物も身体を冷やしそうですが、特に柿、キウイ、梨、バナナ、パインなんかが冷え食材と言われています。
パインは南国フルーツのイメージなので、なんとなく分かる気がしますよね。

食材だけでなく調味料にも温めたり冷やしたりする効果があるようで、言わずと知れた生姜。
これは温め食材の代表ですよね。
生姜はどんな料理にも使えるので、妊娠中は常備しておきたいです。
あと醤油や味噌もオッケー。
逆に冷え調味料というのもあって、バターやマヨネーズは身体を冷やすんだそうです。
マヨラー妊婦さんにはちょいと辛いかも...。

そうすると、洋食より和食の方が身体を温めるのに良い食事なのかもしれませんね。
冷えが解消される食べ物がこんなにたくさんあるなんて驚きですが、毎日の食事にぜひ参考にしてみて下さいね。

美容のために食べたい食材と食べ方

  • 投稿日:
  • by
ママになるとなんだか老けた印象になると思いませんか?
これは子供に手をかけるようになって、自分に手をかけられなくなるからなのでしょうか。
でも、ママになっても綺麗でいたい!と思いますよね。
私も、若いママタレントさんみたいに、いつまでもおしゃれも美容も楽しめるママになりたいです。
きっと綺麗で可愛いママの方が、子供も嬉しいですよね。
とは言っても、綺麗でいるためにはどうしたら良いのか...もちろん、妊娠中からしっかりと考えて実践しておくことをオススメします!

毎日のキレイは毎日の食事から!
美容の為に摂りたい栄養と言えばやはりビタミンですね。
ビタミンCが豊富なオレンジやイチゴなどの果物なら、つわりがあってもさっぱりと食べられますよね。
あとビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれていますが、緑黄色野菜には妊娠中に摂ると良いとされている葉酸も多く含まれているので、サラダなどで積極的に取り入れたいものです。

そして手軽に摂れてオススメなのがプルーン!
美容に良いビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。
妊娠中は便秘にもなりやすいですからね。
便秘解消は美容にもつながります。
そして妊婦さんは多量の血液が必要なため鉄分が不足しやすく貧血になりやすいのですが、このプルーンは貧血予防にもなるんですよ。
バッグにしのばせて、おやつ代わりに食べると良いと思います。

貧血予防といえば、牛肉もオススメの食材です。
つわりなどで体調によっては食べられない方もいるかも知れませんが、脂肪分の少ない赤身の肉でさっぱりとした味付の煮物なら食べやすいかもですね。
ゴボウと一緒にしぐれ煮も美味しいです。

ちなみにお肌のキレイだけでなく、忘れがちな髪の毛の綺麗の為にはミネラルとタンパク質、鉄分を摂るのがいいですよ!
タンパク質を摂るなら大豆!
妊娠中に大豆を食べるなら、ひじきと大豆の煮物が最高です。
一緒に人参など野菜を入れることでたくさん栄養も摂れますね。

基本的には様々な栄養をバランス良く摂ることが一番ですが、綺麗なママでいるために食事にも気を使っていきたいですね!